【Youtuber Gojo】ファンと企画を共創する


 

Youtuberとは?

Youtuberとは、2005年にリリースされたオンライン動画共有サービスです。
翌年2006年にGoogleに買収され、現在は月間ユーザー数が15億人を突破しました。

Youtuberで自作の動画を配信し、広告収入を得ている人のことを『Youtuber』といいます。
現在80カ国以上で数百万人ものYoutuberが存在し、年間1000万円以上を稼ぐ人たちが急速に増えています。

 

 

GojoでYoutuberができること

 

Gojoを使うことで、Youtuberは視聴者から動画の企画について意見を聞くことが容易になり、
動画配信を応援してくれている人たちと共に作り上げることができるようになります。

 

例えば、あるYoutuber Bが自分のYoutuber Gojoを作成したとします。

加入したメンバーはGojoに設定された会員プランを選択し、
プランに応じてメンバーでお金をプールしていきます。

<会員プラン (例)>

ノーマル会員:0円/月           - メルマガの配信(サンクスメッセージ)
ブロンズ会員:500円/月      - 限定動画の配信
シルバー会員:10000円/月   - <定期開催>限定交流会にご招待
ゴールド会員:50000円/月 -  <定期開催>少人数レッスン!動画の撮り方教えます

 

会費として集めたお金は、上記のような特典の実行に使用される他にも、
会員メンバーが企画を考案し、お金の使い方を提案すること(Want申請)ができます。

<Want申請のながれ>
①企画提案の申請

「Youtuber Bさんに、スライムで実験して面白動画を撮ってほしい!!」

「そのために、5,000円が必要です!」

 

②審査待ち
Youtuber Bさんが、企画を判断します。

 

③お金を引き出し企画実行
企画が承認されれば、Gojoに集めたお金から企画の実行費が支給されます。
作成した動画は、 Gojo内のタイムラインにも投稿することができます。

このように、Gojoはフォロワーとのお金のやりとりを簡単に実現することができます。
会費を集めることからファンクラブのような性質もありますが、お金の使い道を誰もが提案できるところにイノベーションがあります。

Gojoは、インフルエンサーの次世代ファンコミュニティを目指しています。