【ウーバーイーツ配達員Gojo】C2Cサービスをセーフティネットで支える!


ウーバーイーツとは?

ウーバーイーツは、2016年9月29日に日本国内のサービスを開始したフードデリバリーサービスです。
ウーバーイーツに登録しているレストランの料理をスマホのアプリから簡単に注文することができます。

料理を配達するのはウーバーイーツの従業員ではなく、「配達パートナー」と呼ばれる一般人です。
彼らは自分の好きな時に商品を運んで、お金を稼ぐことができます。
隙間時間に働く学生や主婦から、配達を本業にしている人まで、多様な働き方をする人たちによってウーバーイーツは支えられています。

まず企画書を見たい!という方はこちらから

 

 

ウーバーイーツ配達員が抱えている課題

 

ウーバーイーツの配達員は、働く上で大きな問題があります。

それは、【雇用保険がない】ことです。

配達パートナーは業務委託契約なので、ウーバーイーツ本部は働き方に関与することがありません。

配達の手段はバイクか自転車です。バイクは自賠責保険に加入することが義務付けられていますが、150万くらいしか保証されません。任意のバイク保険は高い(年7-8万)ため、加入できない人がたくさんいます。
自転車はそもそも何も保険に加入していない人が大半です。

配達の仕事をしていて頻繁にバイクや自転車を利用していても、業務委託という働き方によって配達パートナーの安全は守られていないのが現状です。

 

 

ウーバーイーツ配達員Gojoができること

 

Gojoでは、簡単にお金を集めて、必要なときに必要な人へお金を届けることがアプリで簡単実現することができます。

例えば、配達パートナー同士でお金を積み立てておき、事故に遭ってしまったメンバーが集めたお金に対して給付金を申請します。この申請が他のメンバーに承認されれば、お金が支給されます。

GojoはC2Cサービス利用者が自分たちでうむ出すことができるセーフティネットになり、個人が安心安全に働くことができる社会をサポートします。

 

 

応援メッセージ

 

UberEATS男性配達員 尾崎浩二さん自分は300人程の「UberEATS配達員グループ」を運営管理しておりますが、保険などの福利厚生面での充実を常日頃考えていました。
そんな時こちらのGojoのサービスを知り、自分が願っていた保険や福利厚生や相互扶助の仕組みのアプリだ!!と、心から嬉しく思いました!
グループの皆で助け合いながら、困った人に給付する仕組みが広く浸透し、参加者が多くなれば、おのずから配達員同士、皆で支えあえて今以上に楽しく安心して働けるようになっていけると思い、Gojo × UberEATSを応援します。
この仕組みやアプリが、今以上に広く社会の隅々まで浸透するように心から願っています!

 

UberEATS女性配達員 朝倉秋さんUberEATSが日本に上陸して間もなく、私は配達員を始めました。新しい概念のビジネスに衝撃を受け、ワクワクしたことを覚えています。
ところが、その実態は私の理想とかけ離れていました。改善余地のあるアプリ、サポート出来ないサポートセンター…UberEATSの配達員でなければ知り得ない数々の問題を乗り越える為に、個別で活動していた配達員たちは団結し始めています。
その矢先にGojoを知りました。絶望的だった環境を、自分達の手で変えられるかもしれない可能性があるサービスだと思います。
いま、再びワクワクした感情をもっています。リリースを楽しみにしています。

 

UberEATS男性配達員 剱持吉美さん配達員は好きな時間・場所で活動ができ、縛られることなく自由度がとても高い反面、配達依頼が来ないときなどは1人ぼっちであると感じます。
その上、ウーバーイーツを名乗るものの実態は個人事業主であるため、怪我・病気・事故・故障などのトラブルが起きると孤独感に苛まれるのです。
でも、街中で配達していると、他の配達員とすれ違うことがよくあります。配達員みんなで協力しあったら何かできるはずです!!
Gojoを通じて「誰も助けてくれない」から「安心・温かさ・仲間を感じる」を実現したいので応援します。

 

UberEATS男性配達員 本多克敏さん個人事業主であるUberEATSの配達員は、自分たちで助け合う動きはありましたが、SNSでの情報共有や、コミュニティ間で交流するに留まっており、思わぬトラブルの際に助け合える相互扶助の仕組みを形成するにはいたっていませんでした。
Gojoのソーシャル基金サービスは、UberEATS配達員にとって画期的なサービスだと感じます。保険として機能することはもちろん、自分が払ったお金が何に使われているかもわかるため、コミュニティへの参加を実感することができます。また余剰資金で新たなチャレンジへのモチベーションにつながると感じています。
Gojoには、会社のように組織化されていないコミュニティに、イノベーションを生み出す力を与えるサービスになることを願っています。