この規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社BrainCat(以下「当社」といいます。)が提供するサービスGojo(以下「本サービス」といいます。)の利用に関する条件を、本サービスを利用するお客様(以下「ユーザー」といいます。)と当社との間で定めるものです。本サービスをご利用になる方は、必ず全文お読み下さいますようお願い致します。

第1章 総則

第1.1条 (適用)
  • 本規約は、本サービスの利用に関するユーザーと当社との間の権利義務関係を定めることを目的とし、ユーザーと当社の間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。
  • 当社が本サービスのウェブサイト上で随時掲載する本サービスに関するルール、諸規定等は本規約の一部を構成するものとします。

第2章 登録

第2.1条 (登録)
  • 本サービスの利用を希望する者(以下「利用希望者」といいます。)は、本規約を遵守することに同意し、かつ当社の定める一定の情報(以下「登録情報」といいます。)を当社の定める方法で当社に提供することにより、当社に対し、本サービスの利用の登録を申請することができます。
  • 登録の申請は必ず本サービスを利用する者が行わなければならず、原則として代理人による登録申請は認められません。また、利用希望者は、登録の申請にあたり、真実、正確かつ最新の情報を当社に提供しなければならず、他人へのなりすましや事実とは異なる情報の登録を申請してはならないものとします。
  • 利用希望者が法人である場合、登録の申請者は法人の代表者又は当社との取引につき法人を代表する権限のある個人であることをここに表明します。
  • 当社は、当社の基準に従って、利用希望者の登録の可否を判断し、当社が登録を認める場合にはその旨を利用希望者に通知し、この通知により利用希望者のユーザーとしての登録は完了したものとします。当社は、ユーザーが下記の事由に相当する場合は、登録の拒否を行うことができるものとします。
    (1) 本規約に違反するおそれがあると当社が判断した場合
    (2) 登録情報に一部でも虚偽と思われる記載、誤記又は記載漏れがあった場合
    (3) 過去に本サービスの利用の登録を取り消された者である場合
    (4) 未成年、成年被後見人、被保佐人、又は被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意等を得ていなかった場合
    (5) 反社会的勢力等(暴力団、暴力団体、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っている又はその疑いがあると当社が判断した場合
    (6) その他、当社が登録を適当でないと判断した場合
  • 前項に定める登録の完了時に、本規約の諸規定に従った本サービスの利用契約がユーザーと当社の間に成立し、ユーザーは本サービスを当社の定める方法で利用することができるようになります。
第2.2条 (登録事項の変更)

ユーザーは、登録情報として登録すべき事項に変更があった場合、当社の定める方法により当該事項を遅滞なく当社に通知するものとします。

第3章 本サービスの利用

第3.1条 (Gojoの設定)
  • ユーザーは、本サービスに係る所定の手続に従い、発起人としてGojoと呼ばれる団体(以下「Gojo」といいます。)を結成することができます(以下、発起人としてのユーザーを「発起人」といいます。)。
  • 発起人はGojoの設定にあたり、以下の事項を選択することができます。
    (1) Gojoの解散日 の設定の有無。
    (2) Gojoの種別として次の2種類のうちのいずれか。
    1 スタンダード: ユーザー数の上限を20人とし、一年間に支払われる給付金の上限額を100万円とする種別のGojoをいいます。
    2 プレミアム: ユーザー数の上限を無制限とし、一年間に支払われる給付金の上限額を無制限とするGojoの種別をいいます。
    (3) メンバー(第3.3 条において定義します。)に係る会員プランの内容(次の内容を含みます。)
    1 会費の有無及び会費を設定する場合はその金額(以下、会費を設定するメンバープランを「有償メンバープラン」、会費を設定しないメンバープランを「無償メンバープラン」といいます。)。
    2 特典の有無及びその特典を設定する場合はその内容。ただし、金銭の分配その他これに類似する内容の特典を設定することはできません。
    (4) 第3.7条に定めるWantの申請に対して審査し、給付金の支給の有無を決定する判定人(以下「判定人」といいます。)のパターンとして次のいずれか。
    1 発起人
    2 メンバー全員の中からコンピューター・システムによりランダムに選択された5名のメンバー及び発起人
    3 メンバー全員の中からコンピューター・システムによりランダムに選択された5名のメンバー
第3.2条 (活動目的)
  • Gojoは、メンバーが合意した非営利の活動を行い、これによりメンバーの相互扶助を図ることを目的とします。なお、メンバーは、いかなる場合であっても以下の活動を行うことはできません。
    (1) メンバーが拠出した金銭を充てて行う事業から生ずる収益の配当又は当該事業に係る財産の分配を行うことを目的とする事業
    (2) 当社の判断により保険業法に抵触する又は抵触する可能性があると解される事業
    (3) 公序良俗に反する活動
    (4) その他当社が不適当と認める活動
  • メンバーは、前項の規定に反し営利を目的としてGojoの活動を行った場合には所得税、法人税、住民税、事業税、消費税及び地方消費税、その他の税金が発生する可能性があることを理解します。また、メンバーはGojoの活動により税金が発生しないことを当社が保証するものではないことを理解します。
第3.3条 (Gojoへの参加)
  • ユーザーは、所定の手続に従ってGojoに参加申請を行うことができます。
  • 有償メンバープランを希望するユーザーは、所定の方法に従ってGojoへの会費の支払手続をとることにより、Gojoへの参加を申し込んだものとして取り扱われます。この場合、発起人による必要な確認が行われ、その承諾により当該ユーザーによるGojoに対する会費の拠出が実行され、Gojoへの参加が完了します(以下、有償メンバープランによりGojoへの参加が完了したユーザーを「有償メンバー」といいます。)。なお、会費は有償メンバーによるGojoへの寄付として扱われます。
  • 無償メンバープランを希望するユーザーは、所定の方法に従ってGojoへの参加を表明することにより、Gojoへの参加を申し込んだものとして取り扱われます。この場合、発起人による必要な確認が行われ、その承諾により当該ユーザーはGojoへの参加が完了します(以下、無償メンバープランによりGojoへの参加が完了したユーザーを「無償メンバー」といい、有償メンバーと合わせて「メンバー」と総称します。)。
第3.4条 (会費及び支援金の取扱い)
  • メンバーは、Gojoへの参加に当たり有償メンバーとして拠出した会費及び次条に基づき寄付した支援金の取扱いに関し、以下の事項を理解するものとします。
    (1) Gojoは、メンバーが拠出した金銭を充てて行う事業から生ずる収益の配当又は当該事業に係る財産の分配を行うことを目的としておらず、拠出された金銭は当該Gojoの活動目的に従って原則としてすべて第3.7条に定める給付金として利用されるものであること。
    (2) Gojoの存続中はもちろん解散時においても、第3.7条に定める給付金を除いて、メンバーに対して拠出額を超えて拠出した金銭が戻ることはないこと。
第3.5条 (支援)
  • ユーザーは、Gojoの活動を支援するため、自ら選択したGojoに対し、所定の手続に従って支援金を寄付することができるものとします。メンバー以外のユーザーが支援金を寄付する場合、当該ユーザーは、Gojoの活動への支援者として扱われ、メンバーにはなりません。
  • 支援金は、Gojoの活動のための費用又は援助資金としてGojoのメンバーにより決められた使途に用いられるものとし、メンバーはこれ以外の用途に支援金を用いてはならないものとします。
第3.6条 (Gojoの活動)
  • 発起人は、善良な管理者の注意をもって、以下に定めるGojoの業務を執行するものとし、必要に応じてGojoを代表するものとします。
    (1) Gojoの設定及び管理・運営に関する事項
    (2) ユーザーによるGojoへの参加申請に対する確認、及び参加の決定に関する事項
    (3) Gojoの活動内容の選定に関する事項
    (4) Gojoのメンバー間の連絡・調整及びメンバー間に生じたトラブルへの対処
    (5) Gojoに対する第三者からの苦情の処理その他第三者との間で生じたトラブルの対処その他Gojoの活動に役立つと思われる一切の事項
  • 前二項にかかわらず、Gojoにて行うプロジェクトの提案は、所定の手続に従いメンバーがこれを行うことができるものとします。この場合、提案されたプロジェクトの採否は、Gojoの設定に際して所定の手続に従い発起人が定めた方法により決定されるものとします。
  • 発起人の任期は、Gojoの存続期間とします。発起人は、新発起人を選任することにより辞任することができます。発起人によるGojoへのアクセスが30日間見られない場合、所定の手続に従って選出された候補者の中からメンバーの投票により新発起人が選任されます。
第3.7条 (Wantの申請・給付金の支給)
  • メンバーは、第3.2条に定めるGojoの活動目的に照らして必要と考える費用又は援助資金について、給付金の支給を申請することができます(以下「Wantの申請」といいます。)。
  • Wantの申請があった場合、判定人の審査により給付金の支給の有無が決定されます。
  • 前項によりWantの申請が承認された場合、当該メンバーは、所定の手続に従って自己名義の銀行口座への振込を申請し、前項において決定された給付金を全額受領するものとします。
第3.8条 (Gojo金等の管理)
  • ユーザーがGojoに対し拠出した資金はGojoに帰属し、当社には帰属しないものとします。
  • 第3.6条第1項の規定にかかわらず、当社は、Gojoの財産のうち資金(以下「Gojo金」といいます。)のみを管理します。
  • 当社は、Gojo金を自己の資金を管理する銀行口座とは異なる銀行口座にて管理するものとします。
  • Gojoにおいて、資金以外の財産を保有する場合には、発起人又は発起人が指定するメンバーが、これらの財産を管理するものとします。発起人又は当該メンバーは、善良な管理者の注意に従い、これらの財産を自己の財産とは区別して管理しなければならないものとします。
第3.9条 (Gojoの対外活動)

発起人は、Gojoがメンバー内部の活動を扶助する仕組みであることを理解し、Gojoが活動目的に照らして必要と想定される費用の金額を超えて対外的な負債を負担しないよう、Gojoの活動を適切に管理するものとします。

第3.10条 (メンバーの地位の処分制限)

メンバーは、自己が参加しているGojoのメンバーとしての地位又はこれに係る権利の全部又は一部を第三者に売却その他の方法で譲渡してはならず、また質権、譲渡担保、その他の担保権の設定等一切の処分をしてはなりません。

第3.11条 (退会)
  • メンバーは、いつでもGojoを脱退することができます。
  • メンバーが次の各号に掲げる事由に該当する場合には、当該メンバーはGojoから脱退するものとします。なお、本規約に従い登録の取り消しを受けない限り、Gojoから脱退してもその者のユーザーとしての地位は継続するものとします。
    (1) 自己について支払の停止又は破産手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始、民事再生手続開始その他これに類する手続開始の申立てがあった場合
    (2) 除名された場合
  • Gojoを脱退したユーザー(以下「脱退ユーザー」といいます。)は、発起人の要請があった場合、当該脱退ユーザーが負担すべき金額のうち、未払分があれば直ちにその未払金額の支払いを行わなければならないものとします。
  • 脱退ユーザーが有償メンバーであった場合であっても納入された会費の払戻しは一切行いません。
第3.12条 (除名)
  • メンバーがGojoに対して適用されるルールに違反した場合、又はGojoの信用を著しく失墜させるおそれがあるなど正当の事由がある場合には、発起人は当該メンバーを除名することができます。
  • 発起人は、除名されたメンバーに対し、遅滞なくその旨を通知するものとします。
第3.13条 (解散)

Gojoは、次の各号に掲げる場合に解散するものとします。
(1) Gojoの解散日が到来した場合
(2) 発起人がGojoにアクセスせず、当社からの連絡に対して応答がなく、かつ、新発起人が選任されない状況が一定期間継続した場合
(3) 発起人がGojoの解散の申請を行い、メンバーの3分の2以上がこれに同意した場合

第3.14条 (Gojoの解散時の取扱い)
  • Gojoが解散した場合、発起人は清算人となり、次項に規定する残余金の処理のほか清算に必要な一切の行為を行うことができます。
  • 発起人は、Gojoの残余金を次の各号のいずれかの方法を指定することにより処分することができます。メンバーは当該指定に対して異議を述べることができないものとします。
    (1) メンバーに分配すること。分配方法は、各メンバーに対して等しく分配する方法、又はメンバーの拠出した額に応じて分配する方法のいずれかの方法によるものとします。
    (2) 当社が選定する公益団体又は他のGojoに寄付すること。
    (3) Gojoのメンバー全員の総意に基づき権利放棄をすること。
  • 前項第1号の規定にかかわらず、各メンバー(第3.5条に基づく支援金の寄付を行っていない無償メンバーを除きます。以下本項及び次項第3号において同じ。)が受領する残余金の額は、いかなる場合であっても当該メンバーが当該Gojoに拠出した会費及び支援金の総額(以下「拠出額の総額」といいます。)を上回ることはありません。
  • 次の各号に掲げる場合、当社は、残余金(第3号においてはその上回る額。以下同じ。)を、①当社が選定する公益団体又は他のGojoに寄付すること、②当社が次条第1項に規定する利用料を収受していない場合において当該規定に従って計算される利用料のうち未収受の合計金額又は残余金の額のうちいずれか少ない方の金額を利用料として収受すること、③その他法令及び本利用規約に反しない範囲で当社が適切と認める目的で使用又は処分することができるものとし、メンバーはこれに異議を申し立てることはできません。
    (1) 第2項の規定にかかわらず発起人が残余金の処分方法を指定しない場合。
    (2) 第2項第3号の規定に従い残余金について権利放棄がなされた場合。
    (3) 第3項に規定する残余金の額が各メンバーの拠出額の総額を上回る場合。
第3.15条 (利用料等の支払い)
  • 当社は、発起人が選択する次の各号に規定するGojoの種類に応じて、同規定に従いメンバーから利用料を収受することができます。
    (1) スタンダード : 当社は、月会費の3%に相当する金額を利用料として、受領した月会費より控除してこれを収受することができます。
    (2) プレミアム : 当社は、月会費又は年会費の10%に相当する金額を利用料として、受領した月会費又は年会費より控除してこれを収受することができます。
  • 支援金又は会費の支払に際してクレジットカードの決済手数料又は振込手数料がかかる場合は、ユーザーはこれらを負担するものとします。

第4章 ユーザーの責任及び義務

第4.1条 (ユーザーの責任及び注意義務)
  • ユーザーは、自己の責任に基づき本サービスを利用するものとし、ユーザーが公開するコンテンツについて、全て自己で責任を負うものとします。
  • ユーザーは、他人の著作物を使用したことなどが原因で第三者との間で紛争、損害賠償の請求などが起こった場合の損害、責任について、自らの責任をもって対処し、当社はこれらにつきなんらの責任を負いません。
  • ユーザーは、自己の責任において、本サービスのユーザーID及びパスワードを管理及び保管するものとし、これを第三者に利用させたり、貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。ユーザーは、当社に対し、ユーザーID及びパスワードを第三者に盗用されるなどにより、ユーザーのコンテンツの改変や改竄、個人情報等の無断閲覧などにより発生するあらゆる紛争、損害賠償の請求などについて一切を免責するものとします。
  • ユーザーは、本条で定める行為において当社に損害を与えた場合は、当社が当該ユーザーに対して損害賠償を請求する権利を有することを認めます。
  • 当社は、以下のいずれかに該当する場合には、ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの利用の全部又は一部を停止又は中断することができるものとします。
    (1) 本サービスに係るコンピューター・システムの点検又は保守作業を定期的又は緊急に行う場合
    (2) コンピュータ、通信回線等が事故により停止した場合
    (3) 火災、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合
    (4) その他、当社が停止又は中断を必要と判断した場合
  • 当社は、本条に基づき当社が行った措置に基づきユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。
第4.2条 (禁止事項)

ユーザーは、本サービスの利用に際して、以下の行為を行ってはならないものとします。ユーザーがこれらの禁止行為を行った、又は行うおそれがあると当社が判断した場合、ユーザーに通知することなく、当社は該当する内容のデータの削除もしくは当該ユーザーに対する利用制限又はユーザーとしての登録の取り消しをすることができるものとします。ただし、当社は、当該データ等を掲載停止又は削除する義務を負うものではなく、データの削除及び利用制限等の処分につきまして当社は説明の義務を負わないものとします。なお、当社は、本条に基づき当社が行った措置に基づきユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

(1) 本規約に反する行為
(2) ユーザーのアイコン画像、サブ写真を含む、本サービス上の画像を当社の承諾なくキャプチャーその他の方法により複製、利用又は公開する行為
(3) 日本国又はご利用の際にユーザーが所在する国・地域の法令に違反する行為
(4) 社会規範・公序良俗に反するものや、他人の権利を侵害し、又は他人の迷惑となるようなものを、投稿、掲載、開示、提供又は送信(以下これらを総称して「投稿など」といいます)したりする行為
(5) ユーザー以外の自然人・法人・団体・組織等の第三者(以下、「第三者」といいます)に自己のユーザーID及びパスワードを譲渡して、本サービスを利用させる行為
(6) 第三者に自己のユーザーID及びパスワードを閲覧可能な状態にしておく行為
(7) 本サービスに関連して、反社会的勢力に直接・間接に利益を提供する行為
(8) 本サービスを、提供の趣旨に照らして本来のサービス提供の目的とは異なる目的で利用する行為
(9) 第三者の個人情報を公開する行為
(10) 未成年のユーザー登録及び本サービスの利用
(11) 性描写、残酷な表現、犯罪を誘発する表現、差別表現など、公序良俗に反する行為
(12) 第三者になりすます行為
(13) 虚偽の情報をコンテンツに掲載し、コンテンツ閲覧者を欺く行為
(14) 第三者の名誉や社会的信用を毀損したり、不快感や精神的な損害を与える行為
(15) 選挙運動、又はこれらに類似する行為及び公職選挙法に抵触する行為
(16) 宗教活動若しくは宗教団体への勧誘行為
(17) コンテンツ閲覧者を含むユーザー以外の自然人・法人・団体・組織等の第三者の個人情報の収集を行う行為
(18) 第三者の所有する知的所有権を侵害する行為や、著作権、肖像権の侵害を誘発する行為
(19) 当社が許可した場合を除く、本サービス上の文字、画像、ユーザーのニックネーム、アイコン画像、サブ写真、プロフィール情報、自己紹介文、その他のユーザーの情報を無断で使用する行為(モザイク処理をしても、当社が許可をしていない場合は無断使用とみなします)
(20) 本サービスの運営を妨げる行為
(21) 当社が、本サービスの運営を妨げるおそれがあると判断する量のデータ転送、サーバーに負担をかける行為(不正な連続アクセスなど)
(22) 商用目的の宣伝・広告行為
(23) 有害なコンピュータウィルス、コード、ファイル、プログラム等を開示する行為、もしくは開示されている場所について示唆する行為
(24) 無限連鎖講及びマルチ商法、又はそれに類するもの、その恐れのあるもの、あるいは当社が無限連鎖講及びマルチ商法、又はそれに類するもの、その恐れのあるものと判断する内容を掲載する行為
(25) その他当社が不適切であると判断する行為

第4.3条 (当社に対する補償)

ユーザーは、ユーザーが法令又は本規約に違反して本サービスを利用したことに起因して(かかる趣旨のクレームを第三者より当社が受けた場合を含みます)、当社が直接的もしくは間接的に何らかの損害、損失又は費用負担(弁護士費用の負担を含みます)を被った場合、当社の請求にしたがって直ちにこれを賠償又は補償しなければなりません。

第5章 本サービスの運営

第5.1条 (投稿などの削除、サービスの利用停止、登録の取り消しについて)
  • ユーザーが本サービスに投稿などしたコンテンツと、本サービスを通してユーザーが他のユーザーに転送したコンテンツについて、ユーザーは単独で責任を負います。ユーザーが投稿した場合はいつでも、そのコンテンツが正確かつ本規約に違反せず、あらゆる点で誰にも害が及ばないことを、ユーザーは表明し保証したことになります。
  • 当社は、提供するサービスを適正に運営するために、以下の場合にはあらかじめ通知することなく、データやコンテンツを削除したり、サービスの全部又は一部の利用をお断りしたり、ユーザーの登録を取り消したりするといった措置を講じることができるものとします。
    (1) ユーザーが本規約に定められている事項に違反した場合、もしくはそのおそれがあると当社が判断した場合
    (2) 当社にお支払いいただく利用料について支払の遅滞が生じた場合
    (3) 本サービスに係る決済手段として指定されたクレジットカードや銀行口座の利用が停止された場合
    (4) ユーザーが支払の停止又は破産手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始、民事再生手続開始その他これに類する手続開始の申立てを受け、又はユーザー自らがそれらの申立てを行うなど、ユーザーの信用不安が発生したと当社が判断した場合
    (5) 反社会的勢力又はその構成員や関係者によって登録され又は使用された場合、もしくはそのおそれがあると当社が判断した場合
    (6) ユーザーが一定期間にわたって本サービスを使用していない場合
    (7) その他、ユーザーとの信頼関係が失われた場合など、当社とユーザーとの契約関係の維持が困難であると当社が判断した場合
  • 本サービス上でのユーザー間のメッセージのやりとりは、当社の管理するアプリケーション上のコミュニケーションツールを通じて提供されます。 コミュニケーションツールは、メッセージのやりとりをされるユーザー同士と当社の三者が閲覧できる仕様となっております。ユーザーは、当社が事故防止ならびに健全なサービスを運営する目的で、メッセージの内容を閲覧、削除することに同意するものとします。但し、当社としてこれらのコミュニケーションを監視する義務を負うものではありません。
第5.2条 (契約期間及び契約の終了)
  • ユーザーは、Gojoのメンバーとなっている場合を除いて、いつでも本サービスのユーザーとしての登録を取り消し、ユーザー資格を終了させることができます。
  • ユーザーが本規約の一つ以上の条項に違反した場合、また、そのおそれがあると当社が判断した場合、当社はいつでもユーザーの登録を取り消しユーザー、禁止するコンテンツを削除し、本サービスの利用を終了させることができます。この場合、当社はユーザーが登録したメールアドレス宛に終了通知を送ることとします。さらに、ユーザーが本サービスの全部又は一部にアクセスすることを、恒久的又は一時的に当社は禁止することができます。
  • ユーザー登録が取り消しとなった場合、その他ユーザーが本サービスのユーザー資格を失った場合、当該ユーザーが会費又は支援金を拠出したGojoが存続している場合であっても、一切、返金は致しかねます。
  • ユーザーの本サービスにおけるすべての利用権は、ユーザー登録が取り消しとなった時点その他ユーザーが本サービスのユーザー資格を失った時点で消滅します。
  • 当社は、6ヵ月以上本サービスを利用しなかったユーザーの登録を取り消すことができます。
第5.3条 (ユーザーのデータ及びコンテンツの取扱い)
  • 当社は、本サービスの保守や改良などの必要が生じた場合には、ユーザーが当社の管理するサーバーに保存しているデータを、本サービスの保守や改良などに必要な範囲で複製等することができるものとします。
  • ユーザーが投稿などをしたコンテンツ(位置情報、画像データ、テキストを含みますが、これらに限られません。以下「投稿コンテンツ」といいます)については、ユーザー又は当該投稿コンテンツの著作権者に著作権が帰属します。投稿コンテンツについて、ユーザーは当社に対して、日本の国内外で無償かつ非独占的に利用(複製、上映、公衆送信、展示、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案、出版を含みます)する権利を期限の定めなく許諾(サブライセンス権を含みます)したものとみなします。ただし、ユーザー間のメッセージ内容についてはプライバシーを尊重し、本条の許諾対象には含まないものとします。なお、ユーザーは著作者人格権を行使しないものとします。
  • ユーザーが本サービスを利用して生成した投稿コンテンツについての著作権を除き、本サービス及び本サービスに関連する一切の情報についての著作権及びその他知的財産権はすべて当社又は当社がその利用を許諾した権利者に帰属し、ユーザーは無断で複製、譲渡、貸与、翻訳、改変、転載、公衆送信(送信可能化を含みます)、伝送、配布、出版、営業使用等をしてはならないものとします。
  • 当社は、投稿コンテンツの利用を、ユーザー自身を除く、他のユーザーその他の第三者に許諾するものではなく、ユーザーは他のユーザーの投稿コンテンツの権利を侵害する行為を行ってはならないものとします。また、ユーザーは投稿コンテンツをクロール等で自動的に収集、解析する行為も行ってはならないものとします。
  • 当社は、他のユーザーの投稿コンテンツを利用したことによってユーザーに生じた損害について、一切の保証をいたしません。また、ユーザーが他のユーザーの投稿コンテンツを利用して利益を得た場合には、当社はその利益相当額の金員を請求できる権利を有するものとします。
第5.4条 (免責事項)
  • 当社は、本サービス(本コンテンツを含みます。)に事実上又は法律上の瑕疵(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、特定の目的への適合性、セキュリティなどに関する欠陥、エラーやバグ、権利侵害などを含みます。)がないことを明示的にも黙示的にも保証しておりません。当社は、ユーザーに対して、かかる瑕疵を除去して本サービスを提供する義務を負いません。
  • 当社は、本サービスに起因してユーザーに生じたあらゆる損害について一切の責任を負いません。ただし、本サービスに関する当社とユーザーとの間の契約(本規約を含みます。)が消費者契約法に定める消費者契約となる場合、この免責規定は適用されないものとし、当社は、通常生じうる損害の範囲内で、かつ、ユーザーから当該損害が発生した月に受領した利用料の額を上限として損害賠償責任を負うものとします。
  • 前項ただし書に定める場合であっても、当社は、当社の過失(重過失を除きます。)による債務不履行又は不法行為によりユーザーに生じた損害のうち特別な事情から生じた損害(当社又はユーザーが損害発生につき予見し、又は予見し得た場合を含みます。)について一切の責任を負いません。また、当社の過失(重過失を除きます。)による債務不履行又は不法行為によりユーザーに生じた損害の賠償は、ユーザーから当該損害が発生した月に受領した利用料の額を上限とします。
  • 当社や当社のパートナー企業、ユーザーやその他の個人又は団体が、本サービスを通じて表示し、アップロードし、又は配布する助言、意見、声明やその他の情報について、当社はその正確さや信頼性を表明し保証するものではありません。以上のような意見、ユーザーのプロフィール、助言、声明や情報を信頼することについては、ユーザーの自己責任になることをユーザーは承認するものとします。オンラインでもオフラインでも、ユーザーの行動について当社は責任を負いません。
  • 本サービスは、日本国内においてのみ使用されることを想定しており、当社は、日本国外において本サービスの利用ができることを保証しないものとします。また、当社は、日本国外における本サービスの利用について、一切のサポートを提供する義務を負わないものとします。
  • 当社は、当社が必要と判断する場合、あらかじめユーザーに通知することなく、いつでも、本サービスの全部又は一部の内容を変更し、また、その提供を中止することができるものとします。当社は、本規定に基づき当社が行った措置に基づきユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。
  • 当社は、本サービスが、全てのパソコン、スマートフォン、タブレット端末等及びOSに対応することを保証しておりません。また、当社は、ユーザーの環境により本サービスを利用できなかったことに基づきユーザーに生じた損害について、一切の責任を負いません。

第6章 雑則

第6.1条 (連絡又は通知)
  • ユーザーは、本利用規約に別段の定めがある場合を除き、当社への連絡はお問い合わせフォームから行うものとします。当社は電話による連絡及び来訪は受け付けておりません。
  • ユーザーへの連絡又は通知の必要があると当社が判断した場合には、登録されたメールアドレス宛もしくはショートメッセージにてメールにて連絡又は通知を行います。ただし、ユーザーから正確な連絡先の提供がなされていない場合の不利益に関しては、当社は一切責任を負いません。
第6.2条 (権利義務などの譲渡)
  • ユーザーは、本規約に基づくすべての契約について、その契約上の地位及びこれにより生じる権利義務の全部又は一部を、第三者に譲渡又は貸与することはできません。
  • 当社は本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い利用契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びにユーザーの登録情報その他の顧客情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、ユーザーは、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。
第6.3条 (ユーザー間の紛争)

ユーザーは、自己の責任に基づき本サービスを利用するものとし、本サービスの他のユーザーとの交流に関しては、単独で責任を負うものとします。当社は、ユーザーと他のユーザーとの間で起きた紛争を監視する権利を留保しますが、義務はありません。

第6.4条 (プライバシー)

本サービスの使用には、当社及び本サービスのプライバシーポリシーが適用されます。ユーザーが当社に提供した個人情報は、当社のコンピュータに保存されます。かかるプライバシーポリシーに従って当社がこの情報を利用することに、ユーザーは同意するものとします。

第6.5条 (本サービス及び利用規約の変更について)
  • 当社は、本規約(本サービスのウェブサイトに掲載する本サービスに関するルール、諸規定等を含みます。以下本条において同じ。)を本規約の目的に反しない限度で、法令に従って変更できるものとします。
  • 前項に基づき本規約を変更する場合には、本サービスのウェブサイト又は若しくは当社ウェブサイトへの掲載その他適切な方法により、変更内容及び変更時期を事前にユーザーにお知らせいたします。
第6.6条 (準拠法)

本規約は、日本法に準拠し、解釈されるものとします。

第6.7条 (裁判管轄)

本サービスに起因又は関連してユーザーと当社との間に生じた紛争については東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

平成30年4月18日 制定